埼玉産業保健総合支援センター

お問い合わせ
メニュー
トップ > センターのご案内 > 事業案内

センターのご案内

事業案内

定期健康診断で所見を有する労働者は過半数を超え、過重労働による労働者の健康障害が発症し、メンタルヘルスの問題を抱える労働者が増加し、他方でじん肺症、化学物質による健康障害や中毒も後を絶たず、近年、石綿による健康障害が問題化しています。 このような背景のもと事業所には今後益々労働者の健康確保と快適職場の形成が求められています。 産業保健総合支援センターは産業医、衛生管理者、保健師、看護師等の産業保健スタッフをはじめとする産業保健関係者・関係機関を支援する産業保健活動の拠点として独立行政法人労働者健康安全機構が全国47都道府県に設立したものです。

業務のご案内

窓口相談・実地相談

産業保健に関する疑問や問題点について、各分野の専門スタッフが相談に応じます。(分野毎の相談日はこちら)また、職場巡視、作業環境管理などについても現地に出向いて具体的な方法を助言します。

図書・機器の貸し出し

産業保健関係の図書・環境測定機器等の閲覧・貸し出しを行っています。

産業保健情報の提供

各分野別に産業保健関係の指針・ガイドライン・通達等の情報を提供しています。

研修・セミナー

産業医、保健師等の方々を対象に産業保健に関する専門的かつ実践的な研修を実施します。また、当センター以外の団体が実施する研修について、教育用機材の貸与、講師の紹介等の支援を行います。

広報・啓発

職場における産業保健の重要性を事業主に正しく理解していただくため、事業主セミナーを開催する等、広報・啓発を行います。

調査研究

産業保健活動に役立つ調査研究を実施し、結果を発表し提供します。

センターのご案内

ページのトップへ戻る