埼玉産業保健総合支援センター

お問い合わせ
メニュー
トップ > 研修・セミナーのご案内 > 産業保健セミナー(令和元年10月~12月開催分)

産業保健セミナー(令和元年10月~12月開催分)

事業主をはじめ産業保健に携わる方々に、基礎的または専門的かつ実践的知識や能力を養っていただけるセミナーです。メンタルヘルス対策や衛生管理者の職務等々、様々なテーマで開催しています。
※1産業カウンセラー協会の更新ポイントを取得頂けます。(ポイント取得申請書は、研修会受付時にご提出下さい。)
※2産業医単位シールは講義終了後お渡しします。講義に遅刻、途中での退席・外出などされた場合は単位シールはお渡しできませんので、くれぐれもご注意ください。

1.日 時 下記一覧表のとおり
2.内 容 下記一覧表のとおり
3.会 場 埼玉会館 (さいたま市浦和区高砂3-1-4)
全電通埼玉会館あけぼのビル(さいたま市浦和区岸町7-5-19)
(駐車場の用意はありませんので公共交通機関をご利用ください)
4.受講料 無料
5.申 込 セミナー受講申込フォーム よりお申込ください。

令和元年10月~12月開催分

  • 1回10月9日(水)AEDを使用した心肺蘇生法

    基本的な心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の使い方を、人形、AEDトレーニング器を使用して、座学と実習で学びます。

    開催日時 10月9日(水) 13:30-16:30
    講  師 大久保 実 氏(外部講師)
    定  員 50名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地3.0単位(申請中)
  • 2回10月23日(水)過労の防止と健康な労働

    長時間労働やストレスフルな職場環境は改善していかなければなりません。では,どのような工夫を行うと,それが可能になるでしょうか。本セミナーでは,グループワークを通じて対策案を考えたいと思います。積極的なご参加を期待しております。

    開催日時 10月23日(水) 14:00-16:00
    講  師 高橋 正也 相談員(産業医学担当)
    定  員 25名
    会  場 埼玉会館5B会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)
  • 3回10月31日(木)化学物質のリスクアセスメント手法としてCREATE-SIMPLEを学ぶ

    労働安全衛生法が改正され、化学物質を取り扱う全ての事業所にリスクアセスメントが実施義務となっています。厚生労働省の「職場のあんぜんサイト」にあるリスクアセスメントツールの一つであるCREATE-SIMPLEを一緒に行うことにより、理解して頂きます。淺沼雄二先生(淺沼コンサルタント事務所所長)が解説します。

    開催日時 10月31日(木) 14:00-16:00
    講  師 淺沼 雄二 氏(外部講師)
    定  員 50名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)
  • 4回11月6日(水)改正労働法規から解った働き方改革の本質

    この春改正された労働法規を詳しく調べたところ、国内産業の再生に向け、今後の日本の労働力人口減少を見据えた人材活用と社会保障制度の再構築の実態が見えました。

    開催日時 11月6日(水) 14:00-16:00
    講  師 遠藤 敦 相談員(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 5回11月14日(木)労働安全衛生法の改正等について(働き方改革関連による改正)

    平成31年4月1日より働き方改革関連法が順次施行されます。労働安全衛生法における労働時間の状況の把握、面接指導の要件、産業医・産業保健機能の強化等の改正内容を説明します。

    開催日時 11月14日(木) 14:00-16:00
    講  師 相川 滋男 相談員(労働衛生関係法令担当)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・更新2.0単位(申請中)
  • 6回12月12日(木)オフィスの温湿度問題を考える

    我が国では、ビル衛生管理法ならびに事務所衛生基準規則にて建物内(事務所内)の環境基準が決められていますが、この中で温湿度の不適合率が高い割合で推移しています。温湿度のうち,主として夏季の高温と冬季の低湿度が問題となりますが,特に冬期の低湿度は様々な健康影響の原因にもなりやすく,問題視されています。今回は,オフィスにおける温湿度環境についての概要と法規制について説明した上で,特に冬場のオフィスの乾燥問題について考えていきたいと思います。

    開催日時 12月12日(木) 14:00-16:00
    講  師 齋藤 宏之 氏(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 7回12月26日(木) 化学物質による経皮吸収曝露と化学防護手袋についての最新研究

    オルトトルイジン曝露による膀胱がん発症により、労働衛生の分野において化学物質の経皮吸収曝露について注目されるようになりました。労働者の経皮吸収曝露を防護するために、化学物質を取扱う会社の責任者や研究者が参加し、化学防護手袋研究会が発足しました。今回は、経皮吸収曝露と化学防護手袋の透過に対する研究成果を発表し、事業場での対応について解説します。

    開催日時 12月26日(木) 14:00-16:00
    講  師 田中 茂 相談員(労働衛生工学担当)
    定  員 50名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)

産業保健セミナー

研修・セミナーのご案内

ページのトップへ戻る