埼玉産業保健総合支援センター

お問い合わせ
メニュー
トップ > 研修・セミナーのご案内 > 産業保健セミナー(平成30年10月~平成31年3月開催分)

産業保健セミナー(平成30年10月~平成31年3月開催分)

事業主をはじめ産業保健に携わる方々に、基礎的または専門的かつ実践的知識や能力を養っていただけるセミナーです。メンタルヘルス対策や衛生管理者の職務等々、様々なテーマで開催しています。
※1産業カウンセラー協会の更新ポイントを取得頂けます。(ポイント取得申請書は、研修会受付時にご提出下さい。)
※2産業医単位シールは講義終了後お渡しします。講義に遅刻、途中での退席・外出などされた場合は単位シールはお渡しできませんので、くれぐれもご注意ください。

1.日 時 下記一覧表のとおり
2.内 容 下記一覧表のとおり
3.会 場 埼玉会館 (さいたま市浦和区高砂3-1-4)
全電通埼玉会館あけぼのビル(さいたま市浦和区岸町7-5-19)
行田市商工センター(行田市忍2-1-8)
埼玉建産連研修センター(さいたま市南区鹿手袋4-1-7)
埼玉県トラック総合会館(さいたま市大宮区北袋町1-299-3)
(駐車場の用意はありませんので公共交通機関をご利用ください)
4.受講料 無料
5.申 込 セミナー受講申込フォーム よりお申込ください。

平成30年10月~平成31年3月開催分

  • 1回10月4日(木)働き方改革と産業保健活動

    世間では「働き方改革」という言葉が、あちらこちらで耳にするようになってきました。労働条件の話のような感じで、今一つ日々の産業保健現場ではピンとこないような気がしていたのではないでしょうか。以前から取り上げています「就労と治療の両立支援」もこの働き方の問題に深く関係し、すでに日々の活動の中に入ってきています。今回はこのテーマを取り上げ一緒に考えていければと思っています。

    開催日時 10月4日(木)14:00~16:00
    講  師 北村 文彦(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館 7B会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 2回10月10日(水)働く人のメンタルヘルス対策~セルフケア~
    ★睡眠マネジメント★睡眠のメカニズムを知り、睡眠の質を高め生産性向上に繋げよう!

    セルフケアの中でも睡眠は重要です!!睡眠不足は心も身体も疲弊させ、健康障害やメンタルヘルス不調を起こす要因にもなります。睡眠のメカニズムを知り、質の高い睡眠を取れるよう自分自身でマネージメントをできるようになることがモチベーションを高め生産性の向上へと繋がり、生活の質を高めます。今回はその睡眠にスポットを当てて解説させて頂きます。皆で生産性の向上に繋がる睡眠の法則を学び、時間の使い方についても考えてみましょう!

    開催日時 10月10日(水)14:00~16:00
    講  師 小倉 美里(メンタルヘルス対策促進員)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館7A会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 3回10月11日(木)医療・工業における放射線被ばくに関する労働災害と福島原発事故の労働災害

    x線透視による医療従事者の被ばく、工場での非破壊検査による被ばく事故など様々な場所で労働災害が起きています。その中で、東京電力福島第一原発の事故処理作業に伴う被ばくが問題となっています。こうした、被ばく問題がどのような場所で起き、それを未然に防ぐことが可能か事例を挙げながら考えていきます。また、演者が新潟県で行われている事故検証委員会の現状などを紹介しながら、原発事故を説明します。

    開催日時 10月11日(木)14:00~16:00
    講  師 木村 真三(産業医学担当)
    定  員 70名
    会  場 埼玉会館2Fラウンジ
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 4回10月16日(火)地域職域連携による職場のメンタルヘルス対策

    神奈川県精神保健福祉センター元所長、精神科医の桑原寛先生にご講演頂きます。自殺対策の取り組みには、職域のみでなく地域との連携が重要です。
    自殺防止対策の取り組みについてお話しいただきます。是非ご参加ください。

    開催日時 10月16日(火)14:00~16:00
    講  師 桑原 寛(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 5回10月24日(水)AEDを使用した心肺蘇生法

    基本的な心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の使い方を、人形、AEDトレーニング器を使用して、座学と実習で学びます。(開催時間が他と異なります。ご注意下さい。)

    開催日時 10月24日(水)13:30~16:30
    講  師 大久保 実(外部講師)
    定  員 50名
    会  場 全電通埼玉会館 あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地3.0単位(申請中)
  • 6回10月30日(火)途上国に出かける前の予防接種、現場での対応

    株式会社健康予防政策機構代表の岩崎恵美子先生にご講演頂きます。途上国等(インド、タイ、パラグァイ等)で生活をしながら、現地で医療に携わってこられました。WHOの専門家として、エボラ出血熱の流行現場での経験などを踏まえ、海外出張・途上国に出かける前の予防接種、現場での対応などについてお話頂きます。

    開催日時 10月30日(火)14:00~16:00
    講  師 岩崎 恵美子(外部講師)
    中田 惠久子(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 7回11月9日(金)労働安全衛生法における作業環境測定について

    労働安全衛生法では、有害な業務を行う屋内作業場、著しく騒音を発する場所等において、作業環境測定を実施する項目が決められています。事業場で実施しなければならない作業環境測定場所や、作業環境測定法で定められた、作業環境測定士の資格、研修機関、測定機関等について説明します。

    開催日時 11月9日(金)14:00~16:00
    講  師 相川 滋男(労働衛生関係法令担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館7A会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・更新2.0単位(申請中)
  • 8回11月15日(木)職場の救急対策

    いざというときに心がまえがあるのとないのとでは違います。AEDがすべてカバーできるわけではありません。マニュアルの作り方、応急処置、事故後の対応までお話しします。

    開催日時 11月15日(木)14:00~16:00
    講  師 三輪 祐一(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館7A会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 9回12月11日(火)過労防止への取組

    一生懸命働くのは大事ですが,働き過ぎは見直さなければなりません。
    過労防止のあり方について労働時間内外の工夫とともに,某事業所における実践例を元に探ってみましょう。

    開催日時 12月11日(火)14:00~16:00
    講  師 高橋 正也(産業医学担当)
    定  員 25名 <キャンセル待ちで受け付け中です>
    会  場 埼玉会館3B会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)
  • 10回12月14日(金)冬のオフィスの乾燥を考える

    安全衛生総合研究所 上席研究員の齊藤宏之先生にお話し頂きます。我が国では、ビル管法ならびに事務所則にて建物内(事務所内)の環境基準が決められていますが、この中で最も不適合率が高いのが冬季の湿度です。実際に乾燥によって喉,目,皮膚などに影響が出やすい上,風邪やインフルエンザの原因にもなります。今回はオフィス環境における実測値、自覚症状調査ならびに改善事例をもとに、冬場のオフィスの乾燥問題について考えていきたいと思います。

    開催日時 12月14日(金)14:00~16:00
    講  師 齊藤 宏之(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 11回12月20日(木)経皮吸収と化学防護手袋の防護について学ぶ

    今まで、何回か本テーマについて、話をしてきました。今の時点の最近の情報をふまえて発表します。事業場で経皮吸収曝露について困っている衛生管理者など、参加して頂ければと思います。

    開催日時 12月20日(木)14:00~16:00
    講  師 田中 茂(労働衛生工学担当)
    定  員 50名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)
  • 12回1月9日(水)ストレスチェックと心の健康保持増進について

    労働安全衛生法で、平成27年12月に施行されたストレスチェック制度と職場におけるメンタルヘルス(心の健康づくり)、メンタルヘルスの基本的考え方、心の健康づくり計画、4つのメンタルヘルスケアの推進等について説明します。

    開催日時 1月9日(水)14:00~16:00
    講  師 相川 滋男(労働衛生関係法令担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・更新2.0単位(申請中)
  • 13回1月17日(木)職場での災害対応の方法

    各地で事業所が災害に見舞われています。災害時に健康管理に携わっているものとしてやるべきことは、見落としやすいことは何か。産業医大で作成されたマニュアルなどを参考に各事業所のマニュアル作りにお役立て頂ければ幸いです。

    開催日時 1月17日(木)14:00~16:00
    講  師 三輪 祐一(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 14回1月18日(金)精神保健福祉センターにおけるリワーク等メンタルヘルス支援事業について

    埼玉県立精神保健福祉センターの事業についてご紹介頂きます。埼玉県立精神保健福祉センターでは、埼玉県民に対し、メンタルヘルスの相談対応及びリワーク支援など様々な支援事業を実施しています。産業保健スタッフの皆様に、知っておいて頂きたい事業内容をご紹介します。

    開催日時 1月18日(金)14:00~16:00
    講  師 河本 次生(外部講師)
    吉田真依子(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 15回1月23日(水)埼玉障害者職業センターにおける職場復帰(リワーク)支援事業について

    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 埼玉障害者職業センターでは、うつ病等こころの病で休職中の方を対象とした職場復帰(リワーク)支援を実施しています。今講座では、当センターの職場復帰(リワーク)支援を、より多くの方にご利用いただくため、支援内容の説明および当該支援を活用した事例を紹介します。

    開催日時 1月23日(水)14:00~16:00
    講  師 狩野 眞(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 16回1月30日(水) 臨床医が知っておきたい産業医の実務

    産業医としての心得と、事業者に適切なアドバイスをするための内容をお話しします。

    開催日時 1月30日(水)14:00~16:00
    講  師 遠藤 敦(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 17回1月31日(木) 産業保健における歯科保健の役割

    産業保健における歯科保健は労働安全衛生法に規定された酸等を扱う職場での「特殊健康診断」のみが明文化されていますが、歯・口の健康が全身の健康につながり、健康寿命や生涯医療費にも影響があることや、口腔の問題が具現化するのが定年を迎えた以降であることから、健康増進・疾病予防の面からも職域における歯科保健管理が重要であると考えます。今回は産業保健における歯科保健の役割についてお話させていただきます。

    開催日時 1月31日(木)14:00~16:00
    講  師 羽鳥 孝(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 埼玉会館3C会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 18回2月1日(金) 産業保健スタッフも知っておきたい~生活支援機器、リハビリ支援機器等の安全性に関する配慮について

    労働安全衛生総合研究所の岡部康平先生にお話し頂きます。ロボット介護機器を始めとする新たな介護福祉機器やリハビリ用機器の普及に向けて配慮してもらいたい事項について紹介します。ロボット技術への期待やその導入効果、継続利用していくための制度的な課題などを、機械安全の工学的な技術観点から検討します。

    開催日時 2月1日(金)14:00~16:00
    講  師 岡部 康平(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 19回2月6日(水) 「働き方改革法」と従業員の健康リスク対策で産業保健スタッフが知っておかねばならないこと

    働き方改革における健康管理の実務について、わかりやすく解説します。企業内で健康管理・労務管理に携わる方々や産業医の先生方は是非ご参加ください。

    開催日時 2月6日(水)14:00~16:00
    講  師 山本 佳子(メンタルヘルス担当相談員)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・更新2.0単位(申請中)
  • 20回2月12日(火)過労防止への取組

    一生懸命働くのは大事ですが,働き過ぎは見直さなければなりません。
    過労防止のあり方について労働時間内外の工夫とともに、某事業所における実践例を元に探ってみましょう。

    開催日時 2月12日(火)14:00~16:00
    講  師 高橋 正也(産業医学担当)
    定  員 25名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル3F会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・実地2.0単位(申請中)
  • 21回2月14日(木)健康診断、各種がん検診の結果の見方と考え方

    健康診断、がん検診は受けることが目的ではありません。結果を把握し、生活改善、場合によっては治療や精密検査を行い、ご自分の健康を維持するのが目的となります。メタボについて、がんについて、考えていきたいと思います。(産業医単位の交付予定はありませんのでご注意ください。)

    開催日時 2月14日(木)14:00~16:00
    講  師 志村 浩(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 なし
  • 22回2月15日(金)エイジングに伴う健康管理

    少子高齢化が進み、事業所の中においても高齢化が進んできている状況があると思います。そんな中、健康維持が難しくなってからその重要性に気づくのではなく、健康先取りでエイジングしていきたいものです。個人、集団の健康先取りについてご一緒に考えていきましょう。運動の実践もありますので、動きやすい服装でご参加ください。(産業医単位の交付予定はありませんのでご注意ください。)

    開催日時 2月15日(金)14:00~16:00
    講  師 市原 千里(保健指導担当)
    岩上 みさ枝(外部講師)
    定  員 40名
    会  場 行田市商工センター401研修室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 なし
  • 23回2月18日(月)定年後も生き生き活動できる体づくり

    高齢化が進む中、定年した後も余力を残し、自立した生活を営むことはとても重要なことだと思います。改めて生活習慣を見直し、定年後も生き生きと活動できる体づくりについて考えていきましょう。今回は筋肉に着目し、お話と運動の実践で進めていきたいと思います。運動を行いますので、動きやすい服装でご参加ください。(産業医単位の交付予定はありませんのでご注意ください。)

    開催日時 2月18日(月) 14:00~16:00
    講  師 市原 千里(保健指導担当)
    岩上 みさ枝(外部講師)
    定  員 40名
    会  場 埼玉会館7A会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 なし
  • 24回2月25日(月)化学物質による健康影響をいかに防護するか

    化学物質による健康影響をいかに防護するか。40年間、産業保健、労働衛生に携わってきた集大成をお話しします。産業保健スタッフ・安全衛生スタッフの皆さん、是非ご参加ください。

    開催日時 2月25日(月)13:30~16:30
    講  師 田中 茂(労働衛生工学担当)
    定  員 180名
    会  場 行田市商工センター401研修室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門3.0単位(申請中)
  • 25回2月28日(木)産業保健スタッフも知っておきたい~墜落・転倒災害の防止について

    労働安全衛生研究所の日野泰道先生にお話し頂きます。墜落災害は、労働死亡災害の約4割を占め、転倒災害は、労働死傷災害の4割を占めています。セミナーでは、災害防止対策の基本的な考え方と、墜落・転倒災害の防止対策についての研究所の取り組みについて紹介します。

    開催日時 2月28日(木) 14:00~16:00
    講  師 日野 泰道(外部講師)
    定  員 80名
    会  場 埼玉建産連研修センター201会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 26回3月4日(月)ドライバーは目の検査を!産業保健スタッフが知っておきたい目の病気~事故防止に向けて

    東北大学医学部眼科講師の国松志保先生にご講演いただきます。国内の失明原因で最も多い緑内障。わが国では、40歳以上の20人に一人が緑内障にり患していると報告されています。緑内障は、ゆっくり進行し、多くの場合は、末期になるまで中心視力が保たれるため、自覚症状がないのが特徴ですが、無自覚のまま車を運転することは非常に危険です。本講演会では、ドライビングシミュレータを使用した最新の実験結果をもとに、産業保健スタッフが知っておきたい緑内障の知識についてご講演いただきます。

    開催日時 3月4日(月)14:00~16:00
    講  師 国松 志保(外部講師)
    中田 惠久子(産業医学担当)
    定  員 180名
    会  場 埼玉県トラック総合会館6F大会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)
  • 27回3月5日(火)陸運事業における睡眠時無呼吸症候群対策ー健康起因事故防止の観点からー

    近年、陸運事業に対しては過労死等防止対策と共に健康起因事故防止対策が求められている。中でも睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策の実施状況は未だ会社によって様々であり、現場での対応の難しさがうかがえる。今回は平成27年改定の「睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル」を使用して、みなさんでその対策について考えてみたい。

    開催日時 3月5日(火)14:00~16:00
    講  師 武石 容子(産業医学担当)
    定  員 80名
    会  場 全電通埼玉会館あけぼのビル501会議室
    対  象 対象者は特に限定しません。
    日本医師会認定産業医単位 生涯・専門2.0単位(申請中)

産業保健セミナー

研修・セミナーのご案内

ページのトップへ戻る